FIND OUT WONDER

FIND OUT WONDER

当サイトではグーグルアースフォトトラベラーが日々バーチャルトラベルして発見したユニークな地形や建築、ハイキングコースや世界の山々などの衛星画像。フォトトラベラーが興味を持った衛星画像上のアイコン情報をグーグルアースのポストカード機能を使用して紹介しています。

イギリスの不思議な古代遺跡とストーンサークル|The mysterious ancient ruins of United Kingdom and the stone circle / The Rollright Stones / Birkrigg Stone Circle / Drombeg Stone Circle / Standing Stones of Stenness / Grange Stone Circle

The Rollright Stones

f:id:husigidana:20180828205105j:image

f:id:husigidana:20180828205058j:image

 

SHARE REVIEWS FROM GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

その一見の価値は間違いありません。石自体はストーンヘンジよりはるかに後退していますが、これは実際には非常に驚くべきことです。それらの周りの古い文化の民話も間くのが楽しいですし、ウィスパリングナイトの近くには素晴らしい景色があります。単に美しい。しかし、このエリアには適切な駐車施設がありませんので、ここに駐車することは困難であることにご注意ください。

(ORIGINAL TEXT)

Its definitely worth a look at. The stones themselves date back further than Stonehenge which is quite amazing really that these are not documented as much. The old cultural folk tales around them are also fun to listen to and there is a Great view near the Whispering Nights. Simply beautiful. However this area does lack proper parking facilities so do be aware it will be difficult to park here.

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

美しいコッツウォルズの魅力的な歴史的建造物で、素晴らしい自然の美しさがあります。あなたは歴史を感じることができ、不思議に縛られた多くの観光客の呪文を持っています。また、古代の人生の歴史のドルイドの異教徒や好奇心を持っている人に興味のある人にとっては絶対必要です。間違いなく訪問の価値がある。春の夏や秋には特に春分や秋に美しい。

(ORIGINAL TEXT)

Interesting historical site set in the beautiful Cotswolds an area of outstanding natural beauty. You can feel the history and will have many a tourist spell bound with wonder. Also a absolute must for anyone interested in ancients life history druids pagans or just anyone with curiosity. Definitely worth a visit. Beautiful in spring summer or autumn especially at equinox or solstice.

引用元:Google マップ

maps.app.goo.gl

 

LEARN ABOUT ROLLRIGHT STONES

Googleによる翻訳)

ロールライトストーンズは 3つの複合体である新石器時代青銅器時代 の巨石の村の近くモニュメントロングコンプトンの国境に、オックスフォードシャーとウォリックシャー。地元のオオリット石灰岩で造られた、現在オックスフォードシャーのキングスメンとウィスパリングナイツ、ウォリックシャーのキングストーンと呼ばれる3つのモニュメントは、デザインと目的が異なり、先史時代の後期に異なった時期に建てられました。3つの記念碑が建てられた期間の長さは、紀元前4世紀から2世紀にかけての聖地での儀式的行動の継続的な伝統を物語っています。

最初に建設されたのは、新石器時代初期または中期にさかのぼり、埋葬地として使用されたと思われるドルメン、Whispering Knights です。これに続いて、新石器時代後期または青銅器時代初期に建設されたストーンサークルであるキングズメンが登場しました。珍しいことに、それは湖水地方のさらに北に位置する他の円と類似しており、貿易ベースまたは儀式的なつながりを意味しています。第三記念碑、キングストーンは、それが構築されたときに知られていないが、それは青銅器時代の墓マーカーであったということです、それは単一のモノリスです、そして。

イギリスの言語学者アンドリュー・ブリーズは、名前「Rollrightは」からのものであることを提案したBrittonicフレーズ* rodlandのRIX「ホイールエンクロージャ溝」、* RIX「溝」は近くの狭い谷を指しグレートRollrightと* rodland「ホイールエンクロージャは」に言及王の人の輪。初期近代の期間では、民俗物語は、彼らがかつて王と魔女によって石になっていた彼の騎士だったかを語って、ストーンズの周りに育ちました。そのような物語は、19世紀まで地元の人々の間で教えられ続けました。一方、 William Camdenのような古物商はそして、ウィリアム・ステュークリーは記念碑に興味を持ち始め、20世紀にはより完全な考古学的調査に至り、1980年代にジョージ・ランブリックが行った発掘調査で最高潮に達しました。

20世紀では、石は、種々の形態の信奉者のための重要なサイトになった現代異教信仰だけでなく、他のためのesotericistsがマジコ、宗教儀式を開催します。彼らはまた、テレビ、文学、音楽、芸術を中心に、大衆文化の中でより広く登場するようになりました。

(ORIGINAL TEXT)

The Rollright Stones is a complex of three Neolithic and Bronze Age megalithicmonuments near the village of Long Compton, on the borders of Oxfordshire and Warwickshire. Constructed from local oolitic limestone, the three monuments now known as the King's Men and the Whispering Knights in Oxfordshire and the King Stone in Warwickshire, are distinct in their design and purpose, and were built at different periods in late prehistory. The stretch of time during which the three monuments were erected bears witness to a continuous tradition of ritual behaviour on sacred ground, from the 4th to the 2nd millennium BCE.

The first to be constructed was the Whispering Knights, a dolmen that dates to the Early or Middle Neolithic period and which was likely to have been used as a place of burial. This was followed by the King's Men, a stone circle which was constructed in the Late Neolithic or Early Bronze Age; unusually, it has parallels to other circles located further north, in the Lake District, implying a trade-based or ritual connection. The third monument, the King Stone, is a single monolith, and although it is not known when it was constructed, the dominant theory amongst archaeologists is that it was a Bronze Age grave marker.

The British philologist Andrew Breeze has proposed that the name "Rollright" is from the Brittonic phrase *rodland rïx 'wheel enclosure groove', where *rïx 'groove' refers to a narrow valley near Great Rollright and *rodland 'wheel enclosure' refers to the King's Men circle. By the Early Modern period, folkloric stories had grown up around the Stones, telling of how they had once been a king and his knights who had been turned to stone by a witch; such stories continued to be taught amongst local people well into the 19th century. Meanwhile,antiquarians such as William Camden, John Aubrey and William Stukeley had begun to take an interest in the monuments, leading to fuller archaeological investigations in the 20th century, culminating in excavations run by George Lambrick in the 1980s.

In the 20th century, the stones became an important site for adherents of various forms of Contemporary Paganism, as well as for other esotericists who hold magico-religious ceremonies there. They also began to appear more widely in popular culture, featuring in television, literature, music and art.

wikipedia内『Rollright Stones』より引用)

 

REFER TO THE SITE (URL) SHOWN BELOW

www.britainexpress.com

 

SERIES

findoutwonder.hatenablog.com

 

Birkrigg Stone Circle

f:id:husigidana:20180828210214j:image

f:id:husigidana:20180828210204j:image

 

SHARE REVIEWS FROM GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

素晴らしい景色を持つ興味深いサイト

唯一の問題は、あなたが道路を運転する場合は駐車車です、実際の駐車場はないので、恐ろしい荒い地面に駐車する必要があります。主要道路に駐車してより良いオプションを歩く

(ORIGINAL TEXT)

Interesting site with fantastic views....only issue is parking car if you drive up the road, no actual car park so have to park on rough ground which is horrible. Maybe park on main road and walk up better option

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

湖水地方の趣のある小さな村を歩き回りましょう。

ストーンサークルから海の景色を楽しむことができます

(ORIGINAL TEXT)

Nice walk through quaint little villages in the Lake District. Can have a good view of the sea from the Stone circle

引用元:Google マップ

maps.app.goo.gl

 

LEARN ABOUT BIRKRIGG STONE CIRCLE

Googleによる翻訳)

Birkriggのストーンサークル(としても知られているDruidの寺院やドルイドサークル)である青銅器時代の ストーンサークルにBirkrigg共通の 2マイル南の、ウルバーストンにおける英語の郡カンブリア。紀元前1700年から1400年の間です。

円は2つの石の輪で構成されています。外側の長さは26 m、幅は15 m、内側の幅は9 m、幅は10石です。石のどれも0.6メートル以上の高さです。

1911年の内側の輪の中での制限された掘削は、玉石の上下の舗装を発見しました。石畳の下層の下に5つの火葬が発見され、3つはピットで、1つは玉石の層の上に、もう1つは倒立骨壷で覆われていた。1921年に第二の掘削は、掘削機の思想は乳棒、口蓋およびベンガラのピースであるかもしれないいくつかの小さな石の実装を生成し、これ故に儀式の使用を持っていたかもしれません。

(ORIGINAL TEXT)

The Birkrigg stone circle (also known as the Druid's Temple or Druids' Circle) is a Bronze Age stone circle on Birkrigg Common, two miles south of Ulverston in the English county of Cumbria. It dates to between 1700 and 1400 BC.

The circle consists of two rings of stones, the outer measuring 26 m and consisting of 15 stones and the inner being 9 m wide and consisting of 10 stones. None of the stones is more than 0.6m tall.

Limited excavation within the inner circle in 1911 found an upper and lower pavement of cobbles. Below the lower layer of cobbles five cremations were uncovered, three in pits, one on a layer of cobbles and one covered by an inverted urn. A second excavation in 1921 produced a few small stone implements which the excavator thought might be a pestle, a palate and a piece of red ochre, and which might therefore have had a ceremonial use.

wikipedia内『Birkrigg Stone Circle』より引用)

 

REFER TO THE SITE (URL) SHOWN BELOW

www.visitcumbria.com

 

SERIES

findoutwonder.hatenablog.com

 

Drombeg Stone Circle

f:id:husigidana:20180828211450j:image

f:id:husigidana:20180828211441j:image

 

SHARE REVIEWS FROM GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

私たちは午前中にまずここに行き、ほとんどは自分自身のための場所を持っていました。私たちの訪問の中で見たのは最高の石の円でしたし、経験するのは無料です。美しい景色、そして看板に提示された興味深い歴史。サークルに加えて、小屋の遺跡だけでなく、わずか15分で70ガロンの水を沸騰させることができる共同料理のピットがあります!

(ORIGINAL TEXT)

We went here first thing in the morning and mostly had the place to ourselves. It was the best stone circle we've seen in our visits, and it's free to experience it. Beautiful views, and interesting history presented on the signs. In addition to the circle, there are ruins of huts as well as a communal cooking pit that could be boil 70 gallons of water in just 15 minutes!

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

私は本当にこの場所を愛し、あなたがそこにいるときに少し魔法を感じることができます!そこに住んでいた古代の人生とその儀式のためにそのような石の円を造っていた理由について考えてみましょう。同じパネルには説明が少しあります。その上、すべてが無料です。

(ORIGINAL TEXT)

I really loved this place, you can feel a bit of magic when you are there! Thinking about the life of the ancient that were living there and the reasons why they were building such stone circle for their rituals. There are same panels with a bit of explanation. On top of that, everything is for free.

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

真実は、地元の人たちでさえほとんど知られていない場所です。私は車で行くことをお勧めします。あなたが歩いて行くと、途中で何時間も戻ってくるからです。私はそれを訪問するのは非常に特別な場所だと思う。私は尊敬の渇きを笑顔はきごう"聖なる"場所であることを止めない。

(ORIGINAL TEXT)

La verdad es un sitio poco visitado y conocido incluso por los lugareños. Recomiendo ir con coche ya que si vas a pie tienes unas horas tanto de ida como de vuelta. Lo encuentro un lugar super especial para visitar. Sonretodo sed respetuosos no deja de ser un lugar "sagrado".

引用元:Google マップ

maps.app.goo.gl

 

LEARN ABOUT DROMBEG STONE CIRCLE

Googleによる翻訳)

Drombegストーンサークル(としても知られているドルイドの祭壇)、小(9 メートル(28 フィート横切る)横臥ストーンサークルの位置2.4キロ(1.5マイル)東Glandore、コーク、アイルランド。構成17密集した石で構成されています。「コーク・ケリー」タイプのストーンサークルとして、それが横臥軸の石の反対側に配置された二つの背の高い玄関の石が含まれています。その軸は南西夕日に向かって配向される。

特に重要な例ではありませんが、 Drombegはアイルランドで最も訪問されている巨石遺跡の1つであり、国定記念物法で保護されています。それは1958年に発掘されました。そのとき、青年期の火葬された遺跡は円の中心の鍋で発見されました。

(ORIGINAL TEXT)

Drombeg stone circle (also known as The Druid's Altar), is a small (9 m (29 ft across) recumbent stone circle located 2.4 km (1.5 mi) east of Glandore, County Cork, Ireland. The structure consists of 17 tightly packed stones. As a 'Cork-Kerry' type stone circle, it contains two taller entrance stones placed opposite a recumbent axial stone. Its axis is orientated south west towards the setting sun.

Although not an especially significant example, Drombeg is one of the most visited megalithic sites in Ireland, and is protected under the National Monuments Act. It was excavated in 1958, when the cremated remains of an adolescent was found in a pot in the circle's center.

wikipedia内『Drombeg Stone Circle』より引用)

 

REFER TO THE SITE (URL) SHOWN BELOW

www.atlasobscura.com

 

SERIES

findoutwonder.hatenablog.com

 

Standing Stones of Stenness

f:id:husigidana:20180828212655j:image

f:id:husigidana:20180828212649j:image

 

SHARE REVIEWS FROM GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

新石器時代の石の非常にクールなセット。エントリーはここと近くのリングオブブルガーで無料です。道路のすぐそばに小さな無料の駐車場があります。ゲートの有益な飾り板に石についての情報があります。(ゲートハンドルを非常にしっかりと押し込んでください-春は固くなります)

訪れた後:石の左側の草の道を水の方へ歩き続けてください。近くにバーンハウス集落の部分的に再建された遺跡があります(また無料です)。

(ORIGINAL TEXT)

Very cool set of Neolithic standing stones. Entry is free here and at the nearby Ring of Brodgar. There is a small free parking lot just off the road. An informative plaque at the gate tells you about the stones. (Push the gate handle very firmly to enter - the spring is stiff.) After visiting: Keep walking down the grass path to the left of the stones toward the water. There are the partially-reconstructed ruins of the Barnhouse Settlement nearby (also free).

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

非常に美しい周囲と印象的な景色。路傍の小さな駐車場に簡単にアクセスできます。非常に忙しくて、写真撮影を非常に困難にすることがあります。デフィニティは訪れる価値がある。あなたがカメラをズームしている場合は、UnstanCairnが見えます。

(ORIGINAL TEXT)

Very beautiful surrounds and striking scenery. Easily accessible with small carpark by the roadside. Can get quite busy which makes photography wirhout people quite difficult. Definity worth visiting. Unstan Cairn is visible if you have zoom on your camera.

引用元:Google マップ

maps.app.goo.gl

 

LEARN ABOUT STANDING STONES OF STENNESS

ストーンズ・オブ・ステネス(Stones of Stenness、The Standing Stones of Stenness)とは、イギリス・スコットランド北東沖にあるオークニー諸島内のメインランド島にある、紀元前3000年頃に造られた立石群である。「オークニー諸島新石器時代遺跡中心地」のひとつとして世界遺産に登録されている。

最も大きい石は約6mもの高さを持っている。

wikipedia内『Standing Stones of Stenness』より引用)

 

REFER TO THE SITE (URL) SHOWN BELOW

www.historicenvironment.scot

 

SERIES

findoutwonder.hatenablog.com

 

Grange Stone Circle

f:id:husigidana:20180828214352j:image

f:id:husigidana:20180828214345j:image

 

SHARE REVIEWS FROM GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

その石のサークルは印象的ではありません。なぜなら、私たちにその場所の歴史ゃ、これらの石が現れた理由を示すものがないからです。それは、LoughGur湖のほか、TerraNovaの妖精の庭園の近くにあります。だから、この場所を訪れて、ただの石の輪を感じることができます。

(ORIGINAL TEXT)

Its a stone circle which is not that impressive because there is nothing which shows us the history of the place or the reason why these stones came into place. It's near the Lough Gur lake as well as the Terra Nova fairy garden. So can visit this place to just get a feel of a stone circle.

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

残念ながら見ることはあまりありませんが、短い滞在のための素敵な場所です。石はあまり壮観ではありません。天気の良い日には、30分かかります。子供にとっては全く興味深いものではありません。入場料はありませんが、何か寄付することができます。ストーンサークルには約5-8の駐車スペースがあります。

(ORIGINAL TEXT)

Schöner Ort um kurz verweilen leider gibt es drum rum nicht viel zu sehen. Die Steine sind nicht sehr spektakulär. Bei gutem Wetter kann man sich dort evtl. eine halbe Stunde aufhalten. Für Kinder ist es überhaupt nicht interessant. Es kostet keinen Eintritt man kann jedoch etwas spenden. Parkplätze gibt es etwa 5-8 direkt beim Steinkreis.

引用元:Google マップ

maps.app.goo.gl

 

LEARN ABOUT GRANGE STONE CIRCLE

Googleによる翻訳)

グランジストーンサークル(LIOS NAGráinsíやグランジの砦)の300メートル西ラフグルでリムリック、アイルランドは、そばに位置しリムリック - Kilmallockの 4キロ北の道路Bruff。

ストーンサークルは、直径45m、直径9m、高さ約1.2mの土手の土手で支えられた、高さ2.8mまでの縦113個の連続したリングで構成されています。東側の入り口は舗装されています。粘土は、エンクロージャの全域にわたって60 cmの深さまで梱包されています。発掘時には故意に破砕されたように見えた故新石器時代の ビーカー陶器が散らばっていることがわかった。そのほぼ完璧な形と囲いの真ん中にポストホールが発見されたことは、円がロープで中央の杭から測られたことを示しています。12個の大型オルソスタット石の輪の周りに間隔を置いて配置され、それぞれが他の「軸方向の」石の1つの真向かいに立っています。石は独立しているというよりはむしろ隣接しています、そして周囲の銀行はそれを従来の石の円よりもむしろヘンジ記念碑の形のように見せます。この堤防とオルソスタットの正確な配置は、この場所に儀式的な目的があることを示唆しています。

最大の石はRannach Chruim Duibh(Crom Dubh 's Division)で、高さ4m以上、重さ40トンです。円の入り口は夏至の日の出と並んでいます。玄関の石は南西側の一対の同じように印象的なスラブによってマッチされています。そして、それらの頂部はお互いに向かって傾斜してV字型を形成します。発掘調査の間、2つの炉を除いて構造は見つかりませんでした。焼けていない人骨、動物の骨(主に牛)、青銅の材料、そして新石器時代の陶器の破片がいくつか発見されました。

主な石の円の北 - 北東に短い距離は、やはり大きな石で構成されている2番目の小さい円です。この北には大きく傾いた立ち石があります。

(ORIGINAL TEXT)

Grange stone circle (Lios na Gráinsí or Fort of the Grange) 300m west of Lough Gur in County Limerick, Ireland, is situated beside the Limerick-Kilmallock road, 4 km north of Bruff.

The stone circle comprises a continuous ring of 113 uprights up to 2.8m high, with a diameter of 45m and backed by an earthen bank 9m wide and about 1.2m tall. The entrance on the eastern side is paved and flanked by uprights. Clay has been packed down to a depth of 60 cm across the whole area of the enclosure. On excavation it was found to be littered with late Neolithic Beakerpottery, which seemed to have been deliberately smashed. Its near perfect shape and the discovery of a posthole in the very centre of the enclosure, indicates that the circle was measured out from a central stake with a rope. Twelve large orthostats have been placed at intervals around the stone ring, each standing directly opposite one of the other 'axial' stones. The stones are contiguous rather than free-standing, and the surrounding bank makes it look more like a form of henge monument than a conventional stone circle. This embankment and the precise arrangement of orthostats suggest that this site had a ritual purpose.

The largest stone is Rannach Chruim Duibh(Crom Dubh's Division)  and is over 4m high and weighs 40 tonnes. The entrance of the circle is aligned with the rising sun at the Summer Solstice. The entrance stones are matched by a pair of equally impressive slabs on the southwest side, whose tops slope down towards each other to form a v-shape. During excavations no structures were found but two hearths; a few un-burnt human bones, some animal bones (mainly cattle), some bronze materials and numerous Neolithic pottery pieces were discovered.

A short distance to the north-north east of the main stone circle, is a second smaller circle, also constructed of large stones. To the north of this is a large leaning standing stone.

wikipedia内『Grange stone circle』より引用)

 

REFER TO THE SITE (URL) SHOWN BELOW

www.tripadvisor.jp

loughgur.com


 

SERIES

findoutwonder.hatenablog.com

findoutwonder.hatenablog.com