FIND OUT WONDER

FIND OUT WONDER

当サイトではグーグルアースフォトトラベラーが日々バーチャルトラベルして発見したユニークな地形や建築、ハイキングコースや世界の山々などの衛星画像。フォトトラベラーが興味を持った衛星画像上のアイコン情報をグーグルアースのポストカード機能を使用して紹介しています。

イギリスの不思議な白馬|A mysterious white horse in the United Kingdom - Westbury White Horse / Uffington White Horse / Osmington White Horse / Folkestone White Horse / Hackpen White Horse

ウェストベリーホワイトホース / Westbury White Horse

f:id:husigidana:20180824212237j:image

f:id:husigidana:20180824212226j:image

f:id:husigidana:20180824212216j:image

 

SHARE REVIEWS FROM GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

ウィルトシャーの美しいランドマーク。無料駐車場は常にボーナスです。白い馬へのいくつかのステップの後、景色は素晴らしいです。美しく保存され、すべての年齢層に適しています。車椅子利用者は、駐車場の外の地形と闘うでしょう。BrettonCamp からのドライブの素晴らしい景色。

(ORIGINAL TEXT)

A beautiful landmark in Wiltshire. FREE Parking which is always a bonus. The views are stunning after a few steps to the white horse. Beautifully preserved and a great walk for all ages. Wheelchair users will struggle with the terrain outside of the car park. a great view on the drive up and down from Bretton Camp.

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

ルフレッドは、デンマークを破ったときに、イングランドはここに始まりました。風が右にあるときに見て平和的な、素敵なエリアやパラグライダー。ビューは、あまりにも素晴らしいです。

(ORIGINAL TEXT)

England began here when Alfred defeated the Danes. Peaceful, lovely areas and paragliders to watch when the wind is right. Views are awesome too.

引用元:Google マップ

 

ウェストベリーホワイトホースについて学ぶ|LEARN ABOUT WESTBURY WHITE HORSE

Googleによる翻訳)

ウェストベリーやBrattonホワイトホースはあるヒルフィギュアの急斜面上のソールズベリー平原、約1.5マイル(2.4キロ)東ウェストベリーでウィルトシャー、イングランド。Bratton Downsの端に位置し、Iron Ageの 丘の砦の真下にあります。、それはウィルトシャーで彫られたいくつかの白い馬の最も古いです。それは1778年に修復されました、同じ坂を占領していた別の馬を消滅させたかもしれない行動。1760年代からの現代的な彫刻は現在の図よりもむしろ小さかった反対方向を向いている馬を示しているように見えます。しかし、1742年以前にウェストベリーにチョーク馬が存在したという証拠資料やその他の証拠はありません。

馬の身長は180フィート(55 m)、幅は170フィート(52 m)で、ウェストベリーの町のシンボルとして採用されています。ウェルカムサインとその観光案内所のロゴマークが表示されています。それはまた全体としてウィルトシャーのシンボルと見なされます。

(ORIGINAL TEXT)

The Westbury or Bratton White Horse is a hill figure on the escarpment of Salisbury Plain, approximately 1.5 mi (2.4 km) east of Westbury in Wiltshire, England. Located on the edge of Bratton Downs and lying just below an Iron Age hill fort, it is the oldest of several white horses carved in Wiltshire. It was restored in 1778, an action which may have obliterated another horse that had occupied the same slope. A contemporary engraving from the 1760s appears to show a horse facing in the opposite direction that was rather smaller than the present figure. There is, however, no documentation or other evidence for the existence of a chalk horse at Westbury before 1742.

The horse is 180 feet (55 m) tall and 170 feet (52 m) wide and has been adopted as a symbol for the town of Westbury, appearing on welcome signs and the logo of its tourist information centre. It is also considered a symbol for Wiltshire as a whole.

wikipedia内『Westbury White Horse』より引用)

REFER TO THE SITE (URL) SHOWN BELOW

www.english-heritage.org.uk

 

アフィントン・ホワイト・ホース / Uffington White Horse

f:id:husigidana:20180825192733j:image

f:id:husigidana:20180825192724j:image

f:id:husigidana:20180825192716j:image

f:id:husigidana:20180825192708j:image

 

SELECT A REVIEW OF GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

私の最も好きな場所。多くの人が周りにいないときに早めに行く。太陽が下のミストを見上げるのを見てください。アフィントン城の「壁」の周りを歩く。TheManger を見て、これまでに学んだWhiteHorseを注視してください。スカイラックスと羊のかすかな響きとは別に静かです。綺麗な。

(ORIGINAL TEXT)

My most favourite place. Go early when not many people are around. Watch the sun come up through the mists below. Walk around the 'walls' of Uffington Castle; look down into The Manger and gaze upon the ever learnt White Horse. Silent apart from the skylarks and the faint baaing of the sheep. Beautiful.

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

白馬の丘は楽しいものでした。それは駐車場からの楽しい歩行でした。子供たちは丘の方に向かって走っていた。トイレや施設はありません。私たちは十分なスペースを見つけました。あなたはそれの隣に(あなたが期待する)馬をはっきりと見ることができませんでした。私たちはドラゴンの丘の丘を登りましたが、私は個人的にそこから馬を見たとは思っていませんでした。ホワイトホースからドラゴンヒルヘの急な衰退でした。歩行が困難な人にとっては、歩行のこの部分をお勧めしません。全体的に楽しい一日~私はお勧めします。

(ORIGINAL TEXT)

White Horse hill was fun. It was a pleasant walk from the car park. The children loved running about towards the hill. There are no toilets or facilities here. We found a space easy enough. You couldn't see the horse that clearly (as you would expect) next to it. We climbed down the hill to the Dragon hill but I personally didn't think you saw the horse any the clearer from there. It was a steep decline from the White Horse to the Dragon hill and I wouldn't recommend this part of the walk for anyone who has difficulty walking. Overall a fun day out ~ I would recommend.

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

これは、一日のために本当に素晴らしい場所です。それは素晴らしい景色や、長い散歩のためリッジウェイヘの容易なアクセスを持っています。近所にもWaylandsスミシーです。夏の間はそこに軽食を販売するアイスクリームバンであるので、それはあまりにもピクニックのための素晴らしい場所です。

(ORIGINAL TEXT)

This is a truly amazing place for a day out. It has stunning views and easy access to the Ridgeway for long walks. Nearby is Waylands Smithy as well. During Summer months there is an ice cream van selling refreshments, so it is a wonderful spot for picnics too.

引用元:Google マップ

 

アフィントン・ホワイト・ホースについて学ぶ|LEARN ABOUT UFFINGTON WHITE HORSE

Googleによる翻訳)

アフィントン馬は非常にある様式化された 有史以前の ヒルフィギュア 110メートル(360フィート)、破砕白色で満たさ深いトレンチから形成され、長いチョーク。図はで白い馬の丘の上の斜面に位置している英語 の市民教区のアフィントン(中儀式郡のオックスフォードシャーと歴史的な郡のバークシャー、いくつかの8キロ(5マイル))の南の町のFaringdonのと同様の距離ウォンテジの町の西; またはUffingtonから南へ2.5 km(1.6マイル)。丘はバークシャーダウンズの崖の一部をなしており、北の白い馬の谷を見下ろしています。フィギュアの最高の景色は特に村の周りに、空気から、または直接ヴェイル全体から得られるグレートCoxwell、LongcotとFernham。場所は国民信託によって所有され、管理されており、予定された古代記念碑です。ガーディアンは2003年に、「3000年以上にわたり、アフィントンホワイトホースは忠実にミニマリストアートの傑作として守られてきた」と述べた。Uffington Horseはイギリスで最も古い白馬の姿であり、それに触発された他のものとは全く異なるデザインです。

(ORIGINAL TEXT)

The Uffington White Horse is a highly stylisedprehistoric hill figure, 110 m (360 ft) long, formed from deep trenches filled with crushed white chalk. The figure is situated on the upper slopes of White Horse Hill in the Englishcivil parish of Uffington (in the ceremonial county of Oxfordshire and historic county of Berkshire), some 8 km (5 mi) south of the town of Faringdon and a similar distance west of the town of Wantage; or 2.5 km (1.6 mi) south of Uffington. The hill forms a part of the scarp of the Berkshire Downs and overlooks the Vale of White Horse to the north. The best views of the figure are obtained from the air, or from directly across the Vale, particularly around the villages of Great Coxwell, Longcotand Fernham. The site is owned and managed by the National Trust and is a Scheduled Ancient Monument. The Guardian stated in 2003 that "for more than 3,000 years, the Uffington White Horse has been jealously guarded as a masterpiece of minimalist art."The Uffington Horse is by far the oldest of the white horse figures in Britain and is of an entirely different design from the others inspired by it.

wikipedia内『Uffington White Horse』より引用)

REFER TO THE SITE (URL) SHOWN BELOW

www.english-heritage.org.uk

www.tripadvisor.jp

 

オスミントン・ホワイト・ホース / Osmington White Horse

f:id:husigidana:20180825194124j:image

f:id:husigidana:20180825194113j:image

f:id:husigidana:20180825194042j:image

f:id:husigidana:20180825194032j:image

 

SHARE REVIEWS FROM GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

優れた自然美のエリア。白い馬の上の尾根を巡回し、その眺めは素晴らしかった。

(ORIGINAL TEXT)

Area of outstanding natural beauty. I cycled the ridge above the White Horse and the views were spectacular.

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

ニュージーランドからの飛行機を予約しました。期待通りの馬ではなかった。

(ORIGINAL TEXT)

We booked a flight from New Zealand to see this. Was not as horse as expected.

引用元:Google マップ

 

オスミントン・ホワイト・ホースについて学ぶ|LEARN ABOUT OSMINGTON WHITE HORSE

Googleによる翻訳)

Osmingtonホワイトホースであるヒルフィギュアにカット石灰岩のすぐ北のOsmington丘のウェイマスそれは南にある1808でドーセットダウンズの教区でOsmington。

この図はジョージ3世の王が馬に乗ったもので、何マイルもの間見ることができます。王はウェイマスを定期的に訪れ、それを「最初のリゾート」にしました。この図は長さ280フィート(85 m)、高さ323フィート(98 m)で、A353道路から最もよく見えます。

1989年にテレビ番組Challenge Annekaの放送用にこの数字が復元されましたが、その後この作品は歴史上の人物によって害よりも害があると批判されました。ショーのプレゼンターであるAnneka Riceは、作業の前に計画の許可とアドバイスを求めていたと述べました。

2011年8月にいたずら者は馬がユニコーンに似せるためにプラスチックシートから作られた「ホーン」を加えました。

2012年には、2012年のオリンピックでは1808年に伐採されたときに馬が元の状態に戻るようにきれいにされ、少し刈り込まれると発表されました。修復は2012年3月11日に完了し、アン王女は地元の石でできた新しいプラークが現れました。修復は2年間かけて修理をしたボランティアによって行われました。

(ORIGINAL TEXT)

The Osmington White Horse is a hill figure cut into the limestone of Osmington Hill just north of Weymouth in 1808. It is in the South Dorset Downs in the parish of Osmington.

The figure is of King George III riding his horse and can be seen for miles around. The king was a regular visitor to Weymouth and made it 'the first resort'. The figure is 280 feet (85 m) long and 323 feet (98 m) high and is best viewed from the A353 road.

In 1989 the figure was restored for a broadcast of the TV show Challenge Anneka, although the work was subsequently criticised by historians for doing more harm than good. Anneka Rice, presenter of the show, stated that planning permission and advice had been sought before the work.

In August 2011 pranksters added a 'horn' made from plastic sheeting to make the horse resemble a unicorn.

In 2012, it was announced that for the Olympics 2012, the horse would be cleaned and slightly recut to make it look like the original when it was cut in 1808. Restoration was completed on 11 March 2012, and Princess Anne attended a ceremony at which a new plaque made of local stone was revealed. The restoration was done by volunteers, who spent two years carrying out repairs.

wikipedia内『Osmington White Horse』より引用)

REFER TO THE SITE (URL) SHOWN BELOW

www.osmingtonwhitehorse.info

www.atlasobscura.com

 

フォークストンホワイトホース / Folkestone White Horse

f:id:husigidana:20180825204902j:image

f:id:husigidana:20180825204853j:image

f:id:husigidana:20180825204842j:image

f:id:husigidana:20180825204831j:image

 

SHARE REVIEWS FROM GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

馬は少し落ち込んで見える、"Snowcem"のコートや"OnlyFools & Horses" Deisの母墓碑のような光沢のある塗料でもできる。飛行機の乗客はケントの海岸を横切ってそれを見ることができる

(ORIGINAL TEXT)

The horse is looking a little drab, could do with a coat of “ Snowcem “ or even some luminous paint like in “ Only Fools & Horses “ Dels mothers grave monument, then passengers in airplanes could see it as they crossed the Kent coast

引用元:Google マップ

 

フォークストーン・ホワイト・ホースについて学ぶ|LEARN ABOUT FOlKESTONE WHITE HORSE

Googleによる翻訳)

フォークストンホワイトホースは白である馬のヒルフィギュアに刻まれ、Cheritonヒル、フォークストン、ケント、サウス・イースト・イングランドイギリス海峡のトンネルトンネルを見渡し、2003年6月に完成しました。

この馬は、フォークストン地域の再生を助けるためのミレニアムランドマークとして計画されました。馬のためのデザインは、3千年前から付き合っ馬の丘として知られているエリアに近くの鉄器時代の砦に触発された地元のアーティスト、チャーリー・ニューイントン、によって描かれたに基づいており、また、アフィントンの白馬。サマーヒルのチョークの面積は象の頭に似ていると言われているとフォークストン象として知られるようになったが、それは、町の最初の公式ヒルフィギュアです。

プロジェクトの計画許可は1998年4月に最初に適用され、例示的なキャンバスモックアップが1999年8月に建設されました。このプロジェクトは特別な科学的関心のあるサイトとしての重要性により政府の監視機関であるEnglish Natureによって反対されました。2000年、イングリッシュネイチャーはジョン・プレスコット副首相に訴えたが、このプロジェクトは地元のMPと著名な政治家のマイケル・ハワードによって広く支持されていると言われていた。プロジェクトがでサポートされていたフォークストンとハイスその企業ロゴとしてそれを採用した地区協議会、。反対のために、プロジェクトは2001年に世論調査を行った。このプロジェクトは2002年3月にスティーブンバイヤーズ、当時の運輸長官、地方政府、そして地域から与えられた。プロジェクトの感情的かつ象徴的な価値は、起こり得る環境的損害を上回ると述べた。

馬の建設は2002年9月に始まりました。馬を造るための仕事は完全に手で完了しました。ラジオを介してアーティストから遠く離れて指示された、ボランティアのチームは馬の2番目のキャンバステンプレートを突き出しました、そして、それに続いて、浅いトレンチはそれから幅12-24インチ(30-60cm)の表土に掘られました。これらのトレンチは石灰岩のスラブで埋められました。全体の長さはおよそ90メートルで、前部から後部の蹄までの長さです。

(ORIGINAL TEXT)

The Folkestone White Horse is a white horsehill figure, carved into Cheriton Hill, Folkestone, Kent, South East England. It overlooks the English terminal of the Channel Tunnel and was completed in June 2003.

The horse was planned as a Millennium Landmark to help regenerate the Folkestone area. The design for the horse was drawn by a local artist, Charlie Newington, inspired by a nearby Iron Age fort in an area known as Horse Hill dating from three millennia ago and also based on the White Horse of Uffington. It is the first official hill figure in the town, although an area of chalk on Summerhouse Hill is said to resemble an elephant's head and has become known as the Folkestone Elephant.

Planning permission for the project was first applied for in April 1998, with an illustrative canvas mockup being erected in August 1999. The project was opposed by the Government watchdog English Nature due to the site's importance as a Site of Special Scientific Interest. In 2000 English Nature appealed to Deputy Prime Minister John Prescott, although the project was said to have widespread public support by local MP and prominent politician Michael Howard. The project was supported by Folkestone and Hythe District Council, who adopted it as their corporate logo. Due to the opposition, the project went to a public enquiry in 2001. The project was given the go-ahead in March 2002 by Stephen Byers, then Secretary of State for Transport, Local Government and the Regions, who stated that the emotional and symbolic value of the project outweighed the possible environmental damage.

Construction of the horse began in September 2002. The work to build the horse was completed entirely by hand. Directed from afar by the artist via radio, a team of volunteers staked out a second canvas template of the horse, and following this, shallow trenches were then dug into the topsoil, 12–24 inches (30–60 cm) wide. These trenches were then filled with limestone slabs. The entire figure is approximately 90 metres long, measured from the front to the rear hoof.

wikipedia内『Folkestone White Horse』より引用)

REFER TO THE SITE (URL) SHOWN BELOW

www.atlasobscura.com

 

ハックペン・ホワイト・ホース / Hackpen White Horse

f:id:husigidana:20180825211703j:image

f:id:husigidana:20180825211629j:image

f:id:husigidana:20180825211622j:image

 

SHARE REVIEWS FROM GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

Wroughtonの飛行場を横切る良好な眺めと、稜路沿いの両方向の良好な散策。この春、馬はきれいにすることができます!

(ORIGINAL TEXT)

Good views across the Wroughton airfield and good walks in both directions along the ridgeway. Horse could do with a clean this spring though!

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

スウィンドンに向かうウィルトシャー平野の渓谷の美しい景色。あなたがリッジウェイを歩いたり、車に座って景色を眺めたりしたいのなら、素晴らしいです。白い馬は少しくつきりとしたクリーンアップが必要です

(ORIGINAL TEXT)

Beautiful views of the vale across the Wiltshire plains towards Swindon. Great if you want to walk the Ridgeway or just sit in your car and take in the view. White Horse is a bit grubby needs a good clean up

引用元:Google マップ

 

ハックペン・ホワイト・ホースについて学ぶ|LEARN ABOUT HACKPEN WHITE HORSE

Googleによる翻訳)

Hackpenホワイトホースはチョークであるヒルフィギュア白の馬の下にあるHackpenの丘に、リッジウェイの端にマルボロ・ダウンズ2マイル南東の、幅広いヒントン、ウィルトシャー、イングランド。それはウィルトシャーにある9人の白い馬の丘の数字のうちの1人です。Broad Hintonに近いというロケーションのため、 Broad Hinton White Horseとしても知られています。1838年ビクトリア女王戴冠式を記念して地元の教区書記官Henry Eatwellによって伐採されたと考えられ、馬は90平方フィートでB4041道路から最もよく見られると言われています。馬は定期的に精査され維持されている。

馬の起源は不確かであり、その歴史のほとんど知られていない唯一の19世紀の白馬と言われることもあります。一般的には馬はヘンリーEatwell、ローカルパブ家主によって支援ブロードヒントンの教区店員によって1838年に切断されたとみなされます。記念と言われているビクトリア女王戴冠式を。

(ORIGINAL TEXT)

Hackpen White Horse is a chalk hill figure of a white horse on Hackpen Hill, located below The Ridgeway on the edge of the Marlborough Downs, two miles south east of Broad Hinton, Wiltshire, England. It is one of nine white horse hill figures located in Wiltshire. It is also known as the Broad Hinton White Horse due to its near location to Broad Hinton. Supposedly cut by local parish clerk Henry Eatwell in 1838 to commemorate the coronation of Queen Victoria, the horse is 90' square feet and is said to be best viewed from B4041 road. The horse is regularly scoured and maintained.

The origin of the horse is uncertain, and is sometimes said to be the only 19th century white horse to have little of its history known. It is generally regarded that the horse was cut in 1838 by Henry Eatwell, a parish clerk of Broad Hinton, assisted by a local pub landlord. It is said to commemorate the coronation of Queen Victoria.

wikipedia内『Hackpen White Horse』より引用)

REFER TO THE SITE (URL) SHOWN BELOW

www.visitwiltshire.co.uk

www.atlasobscura.com