FIND OUT WONDER

FIND OUT WONDER

Google Earthをフォトトラベルして発見した不思議な地形やユニークな建築、トレイルなどのツイートアーカイブ。ツイート画像に関連した情報やレビューサイト、位置情報なども紹介。

Google Earthで日本百名山 - 霧島山 / 100 Famous Japanese Mountains in Google Earth - Mount Kirishima

霧島山(最高峰は韓国岳)/ Mount Kirishima

f:id:husigidana:20180818005047j:image

f:id:husigidana:20180818005037j:image

f:id:husigidana:20180818005026j:image

f:id:husigidana:20180818005015j:image

f:id:husigidana:20180818005004j:image

f:id:husigidana:20180818004953j:image

 

SELECT A REVIEW OF GOOGLE MAP

韓国岳

2017年9月現在、硫黄山周辺が入山規制のため、大浪池経由で登りました。運動不足の身には、硫黄山ルートと比べると随分キツいと感じました。急角度の階段が続き、登りも下りも脚(モモ筋)の負担がハンパ無いです。トレッキングポールニ刀流で上体の重さを支えることが出来ますので、私のように体力に自身の無い方は持って行った方が良いでしょう。個人的には、「型よりもI型をおすすめします。

山頂では何故かスズメバチが散見されました。人が残していった食料を漁っているのでしょうか。巣が近くにあるわけではないようで、攻撃の意思は感じられませんでしたが、いちおう気をつけたほうがよろしいかと。

山頂の展望については特に言及しません。写真を見てください。と言うか、むしろ自分の足で行ってください。

引用元:Google マップ

11月3日に高千穂峰登山し、翌日韓国岳に登りましたがさすがに疲れました。しかしながら、大浪池~韓国岳の眺望は素晴らしい!直前に山への立ち入りが出来るようになり百名山へ登ることが出来ました。晴天だった為大浪池は青く美しくまた韓国岳山頂から見下ろす新燃岳の蒸気が絶え間なく吹き出ている火口には感動しました。霧島火山帯は新旧沢山の火口があり、今なお活動して居ますが、九州にはこうした火口から煙を出している山は桜島、雲仙、阿蘇があり、他の山々には無い姿を見せてくれます。是非遠くに住んでいる登山愛好者に訪れていただきたいと思います。また桜島の噴煙も見ることができました。

引用元:Google マップ

goo.gl

高千穂峰

天孫降臨の聖地。天津神のエネルギーを三柱で受け取り(造化三神)、大地に下ろす。そのための逆鉾。天地とたしかに繋がりながら人として生きることを伝えるがゆえに、逆鉾には人の顔が示される。天津神でありながら人として生きることを最初に選んだ最初の存在がニニギノミコト

石碑にはこう書かれていた。『葦原の瑞穂の国の豊けきは天津御祖のおかげなりけり』この世に生を受けた意味、"神として人を生きる"ことを願うなら一度は訪れておくべき場所。

坂本龍馬おりょうの新婚旅行としてまさにふさわしき場所。いやさか(*´∀`*)ノいやさかヽ(*´∀`)

引用元:Google マップ

火山性堆積物の、軽石の小砂利がザクザクに積もったところを歩かねばなりません。意外に体力を奪われるうえ、非常に転びやすいので、トレッキングポールニ刀流をオススメします。高千穂河原のビジターセンターで貸し出しもありますので、普段登山をしないので買うまでも無いという方は、こちらを利用されるのも良いでしょう。繰り返しますが二刀流をおすすめします。

天孫降臨でアマテラスの孫に当たるニニギノミコトが降りてこられた霊峰として有名です。歴代霧島神宮はすべてこの山を背負うような向きに建てられています。

引用元:Google マップ

goo.gl

 

TRAVELER'S CHOICE

findoutwonder.hatenablog.com

 

PICK UP INFORMATION OF MT. KIRISHIMA

霧島山(きりしまやま)は、九州南部の宮崎県と鹿児島県県境付近に広がる火山群の総称であり、霧島連山霧島連峰霧島山地あるいは霧島火山群とも呼ばれる。最高峰の韓国岳(標高1,700m)と、霊峰高千穂峰(標高1,574m)の間や周辺に山々が連なって山塊を成している。

有史以降も噴火を繰り返す活火山(気象庁の活火山ランク付けはB)であり、特に新燃岳と御鉢では活発な火山活動が続いている。火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている。
北海道の大雪山と同様に霧島山という固有の山はなく、個々の山岳はそれぞれ個別の名称で呼ばれる。山岳群に加えて大小の湖沼群を抱え、高千穂河原やえびの高原、霧島温泉郷などの観光地に恵まれる。山塊の中心部は霧島錦江湾国立公園(霧島地域)に指定されている。日本百名山日本百景の一つであり、2010年9月にはジオパークの一つとして認定された。

北部は加久藤盆地、北東部は小林盆地、南東部は都城盆地、南部は高隈山地姶良台地(シラス台地)、南西部は北薩火山群、北西部は肥薩火山群に隣接する。宮崎県えびの市、小林市、高原町都城市、鹿児島県霧島市湧水町にまたがる。

日本でも有数の多雨地域であり、年間降水量は4,500ミリメートル以上に達し、このうち約半分は6月から8月に集中している。霧島山の北東山麓は古くから馬の産地として知られており、薩摩藩も多くの牧場を所有していた。明治維新後も多くの国営牧場が設置され軍馬が産出された。第二次世界大戦後は民間に払い下げられ牛や豚による畜産が盛んな地域となっている。また、茶(鹿児島茶)の栽培も盛んである。

wikipedia内『霧島山』より引用)

www.yamakei-online.com

 

GOOGLE EARTH IN TWO MINUTES JAPAN 100 MT

findoutwonder.hatenablog.com