FIND OUT WONDER

FIND OUT WONDER

Google Earthをフォトトラベルして発見した不思議な地形やユニークな建築、トレイルなどのツイートアーカイブ。ツイート画像に関連した情報やレビューサイト、位置情報なども紹介。

Google Earthで日本百名山 / 間ノ岳 / 北岳 / 鳳凰山 / 甲斐駒ケ岳 / 仙丈ヶ岳

間ノ岳 / Mount Aino

f:id:husigidana:20180812152211j:image

f:id:husigidana:20180812152233j:image

f:id:husigidana:20180812153733j:image

f:id:husigidana:20180812153714j:image

f:id:husigidana:20180812153755j:image

f:id:husigidana:20180812152741j:image

 

SELECT A REVIEW OF GOOGLE MAP

農鳥小屋

2017年7月)色々噂のある山小屋ですが、2017年シーズンは親切な女性スタッフも働いています。間ノ岳から下ってくる途中に見える赤い屋根が印象的です。午後早めの時間までに到着すれば、歓迎してくれることでしょう。16時を過ぎたらどうなるかわかりません。小屋は農鳥岳のコルに位置する抜群のロケーションです。小屋周辺は近づくだけで独特の雰囲気を感じ、さらに小屋内は強烈なインパクトを感じることでしょう。テント場は広く、50張り以上張れます。砂•砂利で水平もだいたいとれています。水場がオープンしていなかったので、天水を一人1リットル無料でわけていただけました。水や飲み物の購入もできます。噂のトイレは最悪でした。古い時代の屋久島をのぞけば、私の中でワーストワンです。農鳥沢の下流の水は絶対に飲みたくないです。自然を大切に!

引用元:Google マップ

農鳥オヤジさんは好好爺そのもの。花のことや登山道のことなどいろいろ教えていただきました。遅い時間に通過した人(大門沢到藩が18時ころになりそうな人)や16時半に農鳥小屋に到藩した人はヒトコト言われていました。水場は下り10分程度でそこそこ遠いですが、あのトイレよりだいぶ南側の西農鳥岳方向の湧き水です、安心してください!←大事(笑)7月中旬はジャブジャブ出ていて冷たくて美味しかったです。雪渓がなくなった後はどうなるのかな一?トイレは噂通りです。大門沢より下の広葉樹林もとても素敵だった。自分はテント泊なので、小屋泊の様子はわかりません。

引用元:Google マップ

goo.gl

間ノ岳

白根三山のうち農鳥岳を割愛して、間ノ岳から両股小屋へ下り周回することができます。日本百名山ハンターに多いです。この場合、北岳山荘一泊ですみます。

しかし、南アルプス3000メートル峰のたいせつなひとつを逃すことになりますので、後海することになるかもしれません。農鳥岳だけを登ろうとするとかなり面倒なことになります。そんな悩ましい友人がいます。

北岳から縦走して、間ノ岳農鳥岳、さらに大門沢、奈良田とある<と二泊必要なのが普通。大門沢の下りはながいです。マイカー利用の人は、クルマのピックアップとかもあり、公共機関の乗り物利用が有利でしょう。

山小屋はかなりマシになりましたから二泊は苦にならないかな。稜線の小屋は風呂無しが嫌だという人はダメかな。

引用元:Google マップ

荷物をデポして農鳥岳へ。熊の平に行くならここにデポしないで、農鳥小屋の手前に分岐があるのでそこまで持って行った方がいい。農鳥を取ったあと、荷物を取りに間ノ岳を登り返すのはキツイ。

引用元:Google マップ

北岳山荘にデポさせて頂き朝往復。途中は思ったより起伏あり足元良くないし距離がある。往復で一時間半程。ここも三千メートルあるんですね。実感が薄いのは北岳山荘から標高差が二百メートルもないためですが、高山のため気象や体調に油断は禁物です。

引用元:Google マップ

goo.gl

 

PICK UP INFORMATION OF MT. AINO

山名の由来は、白峰三山の真ん中の山であるためとされている。南アルプスの最高峰北岳の南側約3.3 kmに位置し、さらに南の農鳥岳とあわせて白峰三山と呼ばれている。 2014年4月1日に、国土地理院が最新の衛星測位システム(GNSS測量)に基づき標高を改定し、奥穂高岳と並んで日本で3番目の高峰となった。南アルプスでは北岳に次いで第2の標高を誇り、日本百名山、及び山梨百名山に選定されている。山頂の東側には細沢カール(圏谷)がある。

白峰三山を全体としてみると高山植物の豊富な山域で間ノ岳も同様だが、山頂近辺に限っては岩屑帯で、高山植物は少ない。

wikipedia内『間ノ岳』より引用)

www.yamakei-online.com

 

北岳 / Mount Kita

f:id:husigidana:20180812164928j:image

f:id:husigidana:20180812164943j:image

f:id:husigidana:20180812165549j:image

f:id:husigidana:20180812165429j:image

f:id:husigidana:20180812165507j:image

f:id:husigidana:20180812164950j:image

 

SELECT A REVIEW OF GOOGLE MAP

北岳山荘

2017年7月)休憩とトイレ(有料)で利用しました。屋外トイレは巨大冷蔵庫のようでしたが、非常にキレイでした。2016年11月)3000m級稜線の山小屋としては大規模なものです。予約不要なので、シーズンのピークは凄まじい混雑となります。小屋のWEBサイトに混雑予報が載っているので、連休などに利用する場合は事前に確認するほうがよいと思います。今回はテントではなく小屋泊で利用しましたが、小屋締めの日にだったのでガラガラでした。部屋からは富士山と御来光を見ることができます。トイレは和式だが綺麗です。小学生料金の設定が有ります。

引用元:Google マップ

goo.gl

北岳 肩の小屋

(もう30年位前の話なので参考情報で…)5月のGWに夜叉神峠から広河原を抜けて、北岳肩の小屋を目指しました。肩の小屋では、小屋を開けるべくスタッフの方々がスコップで小屋を掘り出していたので、北岳山頂は翌朝回しにして、小屋の掘り出しを他の登山者の方々と一緒に手伝いました…

やっとこさ一段落した頃に、小屋のスタッフの方から美味しいトン汁の差し入れが一♪^^;)…

今も多分同じだと思いますが、夜叉神峠から先は車両通行止めです。

私は、延々と舗装路を歩いたんだけど、地元芦安交通のタクシーは広河原まで入れるんね…

帰りは私も広河原から、他の登山者の方々と相乗りでタクシーで帰りました(笑)山靴で舗装路は辛いのでww

当時はプラ靴が出始めた頃で、私は革の山靴でした。

5月の湿雪は、いくら油を染み込ませた靴でも足に水が入り、参りましたねー…

引用元:Google マップ

goo.gl

北岳

本邦第二の高峰、北岳南アルプス市の芦安を登山の起点とされる方が多く、広河原へのバスのほかタクシーも便利です。登山口は広河原から橋を渡ったところにあります。

大樺沢を遡上して、バットレス直下を抜けて八本歯のコルヘ向かいます。長く続く梯子を終えて、キタダケソウのお花畑を通って北岳山荘へ。余裕があれば、日本百名山間ノ岳まで、標高3,000メートルの稜線が続く登山道を往復して、北岳山荘に宿泊します。自炊スペースも広く、テント泊の方とも夕食をいただきながら、楽しく語らうことができました。

翌日は、日本百名山北岳山頂で富士山を拝み、肩の小屋でトイレ休憩した後、美しく歩きやすい稜線を下ります。帰路は草すべりルートを選択しましたが、下山に使っても滑落する事なく、広河原へ無事戻ることができました。

引用元:Google マップ

広河原山荘から入山し右股から登り北岳を目指しました。北岳山荘に泊まりその後縦走。山荘は乾燥室も整備されて小屋到着前にきつい雨に会いましたが衣類はすぐに乾燥できました。農鳥小屋のアノ人は意外と優しい人で妻と一緒に写真に納まっていただきました。間ノ岳、西農鳥岳農鳥岳に登頂し大門沢を下りました。この沢はかなり急で大きな岩がたくさんあり慎重に下りました。大門沢小屋で1泊してから下山。充実感で満たされました。

引用元:Google マップ

goo.gl

 

PICK UP INFORMATION OF MT. KITA

富士山に次ぐ日本第二の高峰であり、火山でない山としては日本で最も高い。日本百名山、新・花の百名山及び山梨百名山に選定されており、同じく日本百名山の一峰の間ノ岳日本二百名山農鳥岳とともに白峰三山を構成する。「南アルプスの盟主」とも呼ばれる。野呂川 (早川の支流) の源流の山であり、山体は他の県と接しておらず山梨県内に含まれる。全山古生層の堆積岩から成る。山体の東側斜面は北岳バットレスと呼ばれる岩壁があり、登攀対象ともなっている。

wikipedia内『北岳』より引用)

www.yamakei-online.com

katanokoya.com

 

鳳凰山 / Mount Hōō

f:id:husigidana:20180812172026j:image

f:id:husigidana:20180812172840j:image

f:id:husigidana:20180812172032j:image

f:id:husigidana:20180812172855j:image

f:id:husigidana:20180812172908j:image

f:id:husigidana:20180812172122j:image

 

SELECT A REVIEW OF GOOGLE MAP

鳳凰小屋

亜高山帯針葉樹林に囲まれた山小屋です。水場もしっかりしており、とても居心地のよい山小屋です。個人的にオーナーの温かい人柄が好きです。食事のメニコーにカレーがあります。カレー好きを名乗る人は頑張って赴いて賞味して見てください

引用元:Google マップ

goo.gl

薬師岳小屋

鳳凰山薬師岳山頂の直下にある山小屋。2017年に小屋の建て替えが行われ最新の山小屋に生まれ変わった。外観も内装も美しく、まだ木の香りがしつかり残っていた。

宿泊する部屋は2階にあり、大きな部屋の真ん中に長テーブルが置かれた座敷があり、その両脇に2つの布団毎に壁で仕切られた寝室が並んでおり、半個室のようになっているので居住性は高い。

建物としての密閉性も高いようで、外が氷点下20度にもなるような厳冬期であるにもかかわらず、朝の時点で小屋内の気温が7~8度くらいを保っていたのには驚いた。布団もフカフカの新しい物が用意されており、寝る事に関しては不満が出る事はまずないだろうと思う。

引用元:Google マップ

goo.gl

地蔵ヶ岳

オベリスクに初めて登った時、冬季で鎖は凍ってクラックから取り出せず、アイゼンも履いていたので苦労しました。北精進ヶ滝から石空川南沢を遡行したら、間違えて支流に入り込み離山との稜線に出てしまいました。這松の藪尾根に苦戦して行き暮れました。が、オベリスクまでもう少しの所に絶好の窪地が有り、快適な夜が過ごせました。

引用元:Google マップ

goo.gl

観音ヶ岳

山頂は遮蔽物がなく360度パノラマビューを楽しめます。白峰三山、甲斐駒仙丈、オベリスク八ヶ岳、奥秩父に富士山と、近隣の名山が一望できます。薬師ヶ岳からの稜線は緩やかな砂礫の道で、まるで天空のビーチを歩いているようです

引用元:Google マップ

goo.gl

薬師ヶ岳

登山道が分かりやすく良い!地蔵ヶ岳から観音岳薬師岳への縦走は眺めが良い

引用元:Google マップ

goo.gl

 

PICK UP INFORMATION OF MT. HŌŌ

鳳凰三山を構成する山は、地蔵岳観音岳薬師岳である。地蔵岳の西に赤抜沢ノ頭、薬師岳の南に砂払岳の小ピークがある。地蔵岳と赤抜沢ノ頭との鞍部は「賽ノ河原」と呼ばれ多くの小仏石が安置されている。

鳳凰山南アルプスの主脈からは離れており、山がある支脈は甲斐駒ヶ岳から始まり、アサヨ峰、高嶺、鳳凰山へと続いている。鳳凰山の山頂部は3山とも森林限界上のため眺めがよく、天気が良ければ、北岳仙丈ヶ岳甲斐駒ヶ岳八ヶ岳、富士山などが眺められる。鳳凰山の東に視界を遮る山はなく甲府盆地が広がっているため、非常に開放感の高い山である。茶色っぽい山が多い南アルプスの中で、甲斐駒ヶ岳とともに例外的に花崗岩の白い山肌となっている。

wikipedia内『鳳凰山』より引用)

www.yamakei-online.com

houougoya.jp

 

甲斐駒ケ岳 / Mount Kaikoma

f:id:husigidana:20180812185634j:image

f:id:husigidana:20180812185708j:image

f:id:husigidana:20180812202404j:image

f:id:husigidana:20180812185721j:image

f:id:husigidana:20180812202432j:image

f:id:husigidana:20180812202450j:image

 

SELECT A REVIEW OF GOOGLE MAP

甲斐駒ヶ岳七丈小屋

四半世紀くらゐ前に黒戸尾根~甲斐駒ヶ嶽~早川尾根~鳳凰三山~甘利山を軍獨行で歩き、その際に天幕で泊まりました。激しい登高の疲れを癒やすべく眺めの良い所へ移動し、持ってきた林檎でも羅るかと思ってふらふらと歩いてゐる私を嘗時の管理人が「まさか飲料水で林檎を洗はうだなんて思ってゐるんぢゃねぇだらうな!」と咎めたのを今でも思ひ出します。最初、何を言ってゐるのか全く理解できず、己の登想の遥か埒外でしたが、その後、徐々に相手の考へが腑に落ちてきました。學生風情だと思って祇めやがって糞が!  そんな謬あんめぇが!  と内心で激しい憤りが抑へ難く生じてきましたが、それを除けば良い所でした。山は綺麗ですが、人が綺麗だとは限らないと思った一日でした。まぁ、それも昔の話です。

引用元:Google マップ

ピオレドール賞を受賞なさっている花谷さんが管理人の小屋。気さくにルートの相談にのって下さいます。スタッフも皆さん感じよく、居心地良く過ごせました。小屋からは鳳凰山八ヶ岳が見えます。

引用元:Google マップ

goo.gl

甲斐駒ヶ岳

八ヶ岳から黒戸尾根・甲斐駒の姿を見て以来長らく歩いてみたいと思いながらも"黒戸尾根"の名前の重圧に負けなかなか実行できずにいました。数年前に意を決して登りそれ以降は年ーペースで通っています。とはいえ寒いのも暗いのも不得手なので夏至から秋分までの日の長い期間に限定し、出発後歩行中のライト点灯時間は1時間位に抑え、午後暗くなる前には必ず下山するというプランに基づいてスケジューリングしています。

この山頂は天気の良い日には朝9時前までは雲もなく澄みわたっており、ちょうどそのころは八合目から山頂を見上げている頃合いで「今日は最高」と思いながら、山頂に到藩するl0時過ぎには雲が湧き始め眺望が残念な状況になることが多いです。まあ多少霞んでいたにせよ麓からここまで、今まで歩いてきた長大な尾根を見返すひとときは何物にも代え難い達成感に溢れています。

引用元:Google マップ

仙丈ヶ岳が女性ならこちらは男性的な山。そこそこ急峻なアップが山頂まで続きますが、山頂付近で景色が抜けてくると疲れも吹っ飛びます。できれば2泊3日で、仙丈ヶ岳もセットで!

引用元:Google マップ

goo.gl

 

PICK UP INFORMATION OF MT. KAIKOMA

駒ヶ岳」の名を冠する独立した山は全国に18山あるが、その中ではこの甲斐駒ヶ岳が最高峰であり、木曽駒ヶ岳が2,956 mでこれに続く。ただし、富士山の火口を取り巻く火口縁(いわゆるお鉢めぐり)の南側には、駒ヶ岳もしくは浅間岳と呼ばれる小突起があり、その標高は3,715 mである。

長野県側(特に甲斐駒ヶ岳木曽駒ヶ岳に挟まれる伊那谷周辺)では、甲斐駒ヶ岳を東駒ヶ岳(ひがしこまがたけ)、木曽駒ヶ岳を西駒ヶ岳と呼ぶ。

甲斐駒ヶ岳はまた、古くから信仰の対象ともなってきた。山梨県側の山麓の横手・竹宇両集落には駒ヶ岳神社が鎮座しており、そこから山頂にいたる黒戸尾根には現在も信仰にまつわる多くの石碑や石仏が残る。

wikipedia内『甲斐駒ヶ岳』より引用)

www.yamakei-online.com

www.kaikoma.info

 

仙丈ヶ岳 / Mount Senjō

f:id:husigidana:20180812221043j:image

f:id:husigidana:20180812221113j:image

f:id:husigidana:20180812221124j:image

f:id:husigidana:20180812221137j:image

f:id:husigidana:20180812221031j:image

f:id:husigidana:20180812221016j:image

 

SELECT A REVIEW OF GOOGLE MAP

仙丈ヶ岳 馬の背ヒュッテ

スタッフさんの対応が凄く心地よいです。小屋番さんが昨年から女性に変更して、ありがちな押し付けがましい対応は全くありません。

外のベンチからは甲斐駒ヶ岳ドーンと見えますし、夜空もとても綺麗です。

難点はトイレ。私は全く気にしませんが和式のボットンですので経験のない若い方や臭いが気になる方は厳しいかもしれません。でも綺麗に保たれてます。

2日目もご来光を見に4時出発でピストンしましたが往復二時間半程ですから是非絶景と雷鳥を見に行って下さい。

引用元:Google マップ

goo.gl

仙丈小屋

清潔な山小屋でした。布団や毛布も問題有りませんでしたので、持参の寝袋は使いませんでした。

ご飯も夜、朝とも美味しくいただけました。生ビールもあります。

今回泊まった寝室は南アルプス最大の難所梯子があり、寝ぼけて滑落しないように気をつけなければいけませんでした。トイレは消灯までは水洗です。臭いや虫も気になりませんでした。

仙丈ヶ岳山頂までは30分くらいです。天気次第ですが、星空とご来光がうりみたいです。

のんびりと仙丈ヶ岳へはおすすめです。水は豊富では無さそうですので要注意です。

お昼は普段はカップ麺しかありませんので持参したほうが良いです。

引用元:Google マップ

goo.gl

仙丈ヶ岳

良。山頂からの眺めは本当に最高です。北沢峠からルートが複数あるので単純往復しなくて住みます。お薦めは上りは五合目からトラバースで藪沢小屋→滝→馬の背ヒュッテ経由し小屋泊、翌朝山頂→小仙丈岳経由で下るのかベストです。

厳。3000メートル級では楽な方ですが、標高差は1000メートル、往復6キロと結構な行程になります。更に日帰りだと上りに小仙丈岳仙丈岳を選ばざるを得ないので、ハイキングだと思って登ると泣けてくるかも知れません。

引用元:Google マップ

言わずと知れた、南アルプスの女王です。2回登頂しています。山梨側からアクセスしました。芦安村の駐車場からバスに乗り、広河原でバスを乗り換えて、北沢峠まで行きます。登山口までのアクセスは、少し時間が掛かりますので、行程には余裕を持って計画が必要です。北沢峠からの登山道は2カ所有り、登りは大平山荘側からのコースを利用しました。こちらは、最初は樹林帯ですが、中盤は沢沿いを通る涼しいコースです。炎天下の日でしたので、涼を求めてこちらのコースを利用しました。

3032mの頂上は、360°の素晴らしい眺望です。本州中心部の主要な山並みを望むことが出来ます。下りは小仙丈ヶ岳を経由する稜線コースを利用しました。こちらは、甲斐駒ヶ岳鳳凰三山がとても綺麗で、やはり素晴らしいコースです。

引用元:Google マップ

goo.gl

 

PICK UP INFORMATION OF MT. SENJŌ

北東に小仙丈岳、南西に大仙丈岳の小ピークを従え、さらに大仙丈岳の南側には、南アルプス中部の塩見岳に至る長大な仙塩尾根が連なっている。また、尾根の間には、東側に小仙丈沢カール、北側に藪沢カール、南東側に大仙丈沢カールと三つのカール(圏谷)を擁し、山容は比較的穏やかであるが、西面は急峻で岳沢が沢登りや冬季の氷瀑登攀の対象となっている。高山植物の非常に豊富な山として知られている。男性的な山容の甲斐駒ヶ岳に比べて女性的ななだらかな山容から「南アルプスの女王」とも称されることがある。
日本百名山新日本百名山、花の百名山、新・花の百名山、山梨百名山、信州百名山に選定されている。山体は赤石層群の硬砂岩・粘板岩・チャートで構成されている。

wikipedia内『仙丈ヶ岳』より引用)

www.yamakei-online.com

www1.inacatv.ne.jp

www.ina-city-kankou.co.jp