FIND OUT WONDER

FIND OUT WONDER

Google Earthをフォトトラベルして発見した不思議な地形やユニークな建築、トレイルなどのツイートアーカイブ。ツイート画像に関連した情報やレビューサイト、位置情報なども紹介。

Google Earthでイタリアのコロッセオとサンタンジェロ城を上空から眺めてみよう。- Take a look at the Colosseum and the castle of Sant'Angelo from the sky in Google Earth Italy.

コロッセオ / Colosseo

f:id:husigidana:20180820203916j:image

f:id:husigidana:20180820203907j:image

f:id:husigidana:20180820203853j:image

f:id:husigidana:20180820203839j:image

 

SELECT A REVIEW OF GOOGLE MAP

さすがは世界遺産コロッセオは見応えがあります!コロッセオは、フォロロマーノやパラティーノの丘もセットになっているので、時間に余裕をもって計画したほうが良いです。特にパラティーノの丘からフォロロマーノにかけてはかなり広いため、しっかり見ながらだと2-3時間位考えておいたほうが良いです。食事をするところはないので、軽いスナックと飲み物などあると良いです。コンスタンティヌス凱旋門もこの中にあるので、まとめて見学できます。

ローマパスで行くと、コロッセオ、フォロロマーノ、パラティーノの丘は1カ所としてカウントされます(コンスタンティヌス凱旋門もこの中にあります)。

引用元:Google マップ

ローマに来たらぜひ行きたいと思っていました。歴史の重みを感じます。

まずチケットを買うのに並びます。フォロロマーノのチケットセンターの方が早く買えそうな気がします。中に入る前に手荷物検査を受けて中に入ります。どこも並ばないといけません。なるべく早い時間に行くことをおすすめします。

この時代によくこれだけのものを作ったものだと感心します。実物を見るとなおさらそのように思いました。ぜひフォロロマーノもいっしょに見ることをおすすめします。どちらもその時代のローマの力を感じることができる場所です。

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

世界中で最大の円形劇場、ローマのシンボル、全世界の魅惑的で雄大な作品。

テイトゥスの凱旋門に密接に関連して、エルサレムが解体されたユダヤ戦争の収入とともに建てられました。

それは何世紀にもわたって実質的な介入と修復の介入を続けてきました。モザイクの数字から、彼は剣闘士の戦いのパフォーマンスのために(それが呼ばれたように)フラビアンの円形劇場の使用を推論する。

次の世紀には、数多くのアーチの中にあるサンタ・マリア・デッラ・ピエタ教会がコロッセオに建設されました。

その重要性と美しさを理解するには、それが世界遺産の1つであると考えてください。

レビューがあなたに役立った場合は、小さな手をクリックしてください、ありがとうございます。

引用元:Google マップ

 

INFORMATION AND LOCATION OF TWEETED IMAGES

コロッセウム(ラテン語: Colosseum, イタリア語: Colosseo コロッセオ)は、ローマ帝政期に造られた円形闘技場。英語で競技場を指す colosseum や、コロシアムの語源ともなっている。建設当時の正式名称はフラウィウス円形闘技場ラテン語: Amphitheatrum Flavium)。現在ではイタリアの首都ローマを代表する観光地である。

フラウィウス朝の皇帝が建設者であることから「フラウィウス円形闘技場」が本来の名前である。しかし、ネロ帝の巨大な像(コロッスス)が傍らに立っていたためそれと混同してコロッセウムと呼ばれるようになったという説や、円形闘技場があまりにも巨大な建物であったからコロッセウムと呼ばれるようになったという説がある。

ローマ帝国キリスト教化に伴い血生臭い剣闘士競技は禁止されたと言われているが、443年に地震で破損したコロッセオの修復を行ったことを記念する碑文が残されており、地中海西部でのローマ帝国の支配が崩壊した6世紀でも修復の記録が残っていることから、古代末期までは競技場として使用されていたと考えられている。

wikipedia内『Colosseo』より引用)

www.tripadvisor.jp

goo.gl

 

パラッツェット・デッロ・スポルト / Palazzetto dello Sport

f:id:husigidana:20180820210508j:image

f:id:husigidana:20180820210457j:image

f:id:husigidana:20180820210445j:image

f:id:husigidana:20180820210432j:image

 

SELECT A REVIEW OF GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

P.Lネルヴィの宝石。周りの悪い形インチメンテナンスと外部の清掃良くありません。ゾーンは、絶対に歩行者緑地、駐車場などの臨時メンテナンスとして再生します。

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

外側の美しい1960年ローマ五輪のネルヴィ、(宇宙船のように見える)、および内の華麗な視認性によって建てられた宮殿

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

イタリアのエンジニアピエール・ルイージ・ネルヴィが設計した特別な建物

引用元:Google マップ

 

INFORMATION AND LOCATION OF TWEETED IMAGES

twitter.com

goo.gl

 

サンタンジェロ城 / Castel Sant'Angelo

f:id:husigidana:20180820221429j:image

f:id:husigidana:20180820221419j:image

f:id:husigidana:20180820221405j:image

f:id:husigidana:20180820221354j:image

f:id:husigidana:20180820221337j:image

 

SELECT A REVIEW OF GOOGLE MAP

Googleによる翻訳)

ハドリアヌスの霊廟としても知られるCastelSant'Angeloは、バチカンから少し離れたテイベールの右岸に沿って建てられた要塞です。

その構造は125dcで開始された。彼の家族のための霊廟として使用されることを目指して、テント川沿いのローマ郊外、ハドリアヌス教皇の願いで、アントニヌスピウスによって139年に完成しました。

403年までは、この機能を維持して軍事用建物のホノリウス教皇の命令で都市を守り、アウレリアの壁に統合されました。

590年に、ペストが街を荒廃させている間に、行進中にグレゴリー教皇が、実際に起こったように、流行の終わりを宣言する大門ガブリエルを見ました。

それ以来、現在の名前でローマ人に呼び出され、妖精の最高峰に設置された妖精の記憶には、剣を包む天使を描いた彫像が置かれていました。

現在の青銅の天使は、フランダースの彫刻家、ピーター・フォン・ベルシャッフェルトの作品で、過去にそれを先行していた木、大理石、青銅で6番目のものです。

1277年、それはバチカン市と城を結びつけ、ポープを包囲戦の場合に逃走路にした800メートルを築いた強化された廊下である、教皇ニコラス3世によって建てられました(Passettodi Borgoと呼ばれる)。

過去には、刑務所に刑務所を秘密にしておくべき有名な人々を刑務所に連れて来るためにも使われていました。

Benvenuto Celliniは1538年から1539年の間に城に投獄され、彼の脱出は城のパーティーで有名でした。

彼はシートで作られたロープで高い壁から身を落としたが、足を壊したが、彼の友人のコルダロ枢機卿の家に麓いた。

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

ローマ中心部の美しい歴史的建造物で、サンピエトロのすぐそばです。ローマ全域の素晴らしい景色を楽しめるパノラマのテラスに達するまで、城の歴史を徐々に発見することができます。入場券は特に高価ではないので、無料でオーディオガイドを使用することができます。中間テラスにはカフェがあり、素早い食事ができ、聖ペテロ大聖堂の美しい景色を楽しむことができます。

引用元:Google マップ

Googleによる翻訳)

永遠の都の中心にある壮大な城。ローマの皇帝時代に建てられたこの教会は、何世紀にもわたって戦略的で防衛的な地位を築いてきた教皇や刑務所や財務省が望んでいた修復と強化のおかげで、今日まで元のままでそのまま残っています。その壁からは、永遠の街が見えます。そして、サンピエトロ大聖堂を見渡すことができます。教皇様のアパートと城自体のつながりを可能にする「秘密」のステップがまだ目に見えます。すべてをより魅力的にするマドリッドアドリアーナの公園を忘れずに、ローマの混乱の中で、過去と輝かしいローマに身を浸すことを可能にする

引用元:Google マップ

 

INFORMATION AND LOCATION OF TWEETED IMAGES

135年、ローマ帝国の皇帝でいわゆる「五賢帝」のひとりハドリアヌスが自らの霊廟として建設を開始し、アントニヌス・ピウス治世の139年に完成した。霊廟はきれいな円形平面をなし、太陽を象徴したハドリアヌスが戦車を引く像が頂上に設置された。しばらくすると軍事施設として使用されはじめ、403年にはアウレリアヌスの城壁の一部に組み入れられた。

14世紀以降は歴代のローマ教皇によって要塞として強化され、また、同時に牢獄や避難所としても使用された。

16世紀前半の教皇クレメンス7世は、ローマが神聖ローマ皇帝軍により恐ろしい略奪(ローマ略奪)を受けている間、皇帝カール5世率いるドイツ人傭兵(Lanzichenecchi)の包囲に抵抗するため、この機能を使用した。17世紀前半には教皇ウルバヌス8世がサンタンジェロ城の強化に努め、1667年に教皇となったクレメンス9世は、バロック芸術の大家で旧友のジャン・ロレンツォ・ベルニーニにサンタンジェロ橋の装飾を依頼しており、橋はベルニーニ自作の2体ふくむ10体の天使像の彫刻で飾られている。

サンタンジェロ城の名称は、590年にローマでペストが大流行した際、時の教皇グレゴリウス1世が城の頂上で剣を鞘に収める大天使ミカエルを見て、ペスト流行の終焉を意味するとしたことに由来する。その故事を記念して、16世紀にラファエッロ・ダ・モンテルーポ(Raffaello da Montelupo)による大理石製の天使の像を城の頂上に設置した。1753年からはPierre van Verschaffeltによる青銅製の像が設置してある。

なお、サンタンジェロ城は、1933年以降は博物館として利用されている。

wikipedia内『サンタンジェロ城』より引用)

www.tripadvisor.jp

goo.gl